MENU

眼底白斑とは?症状と原因を解説

スポンサーリンク

治療が難しい目の病気に眼底白斑があります。網膜色素変性症とならんで目の難病と言われる疾患ですが、具体的な症状や治療法となるとあまり知られていないのが現状です。幅広い種類の目の難病について把握して、いざという時にそなえましょう。

 

【眼底白斑ではどのような症状が起こるのか】

 

眼底白斑は、硬性白斑と軟性白斑に分類されます。いずれも目の血管から血液や脂質が流れ出ることによって起こる病気であり、視野狭窄がおもな症状となります。原因も症状も一見よく似ているようですが。血液の漏れ方や進行具合には微妙な違いがあり、それぞれに応じた治療法が確立されています。硬性白斑はおもに高血圧などによって目の血管に限度を超える圧力がかかり、それによって血液が網膜周辺までしみ出してしまいます。一方の軟性白斑は糖尿病の症状を背景にしている場合が多く、循環改善薬などを使った薬物治療がメインとなります。

スポンサーリンク

【眼底白斑はどのように診断されるのか】

 

複雑な原因をもつ眼底白斑は、眼底検査によって発見されることがほとんどです。眼底検査によって網膜周辺に白い模様が点在しているように見える場合は眼底白斑の疑いが非常に高く、斑点の数が多いほどより進行していると考えることができます。高血圧や糖尿病が原因である場合が多く、治療の初期には症状そのものに働きかける薬物治療が行われますが、それと併行して原因となる疾患の根治にむけたアプローチも重要になってきます。

 

眼底白斑はおもに眼底検査によって発見されることが多く、視野狭窄などの症状を引き起こす病気です。異常に高い眼圧によって目の血管から血液が網膜に流れ出る病気で、糖尿病や高血圧などの内科的疾患が原因となっている場合が多く、眼底白斑の治療にあたってはそれに先だってそれらの原因疾患の根本的治療が行われるケースが主流になっています。硬性と軟性では原因や治療法が微妙に異なるため、初期の診断でどちらにあてはまるのかをきちんと見きわめ、効果が見込める治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク