MENU

ブドウ球菌が原因の目の病気とは?

スポンサーリンク

ブドウ球菌は様々な感染症の原因になり得物質ですが、この菌が原因となる目の病気があります。それはどのような病気でしょうか。予防・治療はどのように行えば良いのでしょうか。

 

【ブドウ球菌について】
いわゆる『感染症』と呼ばれる症状は、必ずその発生源があります。私達はその発生源から感染することによって、いわゆる感染症にかかります。人間が本来保有している菌がありますがそれが悪く働く場合もあります。今回考えるのは、『ブドウ球菌』に関連する目の病気ですが、数えるだけでも目の病気というのはたくさんあります。その中で、いわゆる感染型の目の病気の代表と言えるのが、『細菌性結膜炎』です。これは、一体どのような病気なのでしょうか。

 

【原因となる黄色ブドウ球菌とは】
私達は普段の生活において目が痒くなることや腫れるということは多く発生することではありません。しかし、そういった症状が頻発しているのなら、もしかするとそれは、『細菌性結膜炎』かもしれません。この原因となるのは、『黄色ブドウ球菌』と呼ばれる細菌です。このブドウ球菌は、結構どこにでも存在している原因ですが、食べ物から取り入れてしまうこともあり、その場合いわゆる『食中毒』を引き起こします。

スポンサーリンク

【目に異常を感じたら】
目から感染する細菌性結膜炎の代表的な症状としては、充血やかゆみ、目やにが大量に出る、といった症状があります。これらの症状は普段の生活でも起こりうることですが、結膜炎になるとそれらの症状がより顕著にみられるようになります。そういった以上を頻繁に感じるようであれば、すぐに眼科を受診すべきでしょう。

 

【予防方法はあるか?】
特に顔の各部位から細菌が侵入し感染症などの病気を引き起こすことは多くあります。空気感染だけではなく、私達が不潔な手でそれらの部位に触れることでも発症することがあります。ですからこれらの病気の予防法としては、まずいつも手を清潔にしていること、また、むやみに部位をこすったりしないこと、体の抵抗力が弱っている時なども注意すべきです。

 

ブドウ球菌が原因となる細菌性結膜炎、それを避けるには感染の元となるような行為、状態を避けることが挙げられます。

スポンサーリンク