MENU

目に丸い残像が見えるという症状とその原因について

スポンサーリンク

目は毎日使うもので、スマホやパソコンなどの普及が原因で、知らず知らずのうちに酷使していることが多いところです。何気にふと目の視界に丸いものがあることに気付いたことはありませんか。ひょっとしたら、何かの病気の症状かもしれません。また、丸い残像が見えてしまう原因について調べてみました。

 

【目の残像の原因】
目は複雑な構造を経て、物を見ています。一般的に、ものの残像は光となって残りやすく、正常な状態でもよく現れます。まぶしい光、強い光を見たときは特によく見られます。いろいろな情報を一度に察知して、その結果映像として見るわけですが、刺激の強いものはどうしても残像として残りやすい傾向にあります。そのほとんどが正常な状態で起こるもので、心配がないものです。ですが、まれに目の病気の症状となっている場合もありますので、ずっと見えていたり、症状が長引いたりするなど、気になるようであれば、一度は眼科を受診するようにしましょう。例えば、飛蚊症というのをご存知でしょうか。糸のような、ごみのような丸いものや点のようなものが消えることなく、ずっと見えている症状です。こちらはストレスなどでも発症しやすく、起こりやすいものですが、比較的軽症で気づけば治っている場合も多くあります。

スポンサーリンク

【丸い残像が見える症状で考えられる目の病気】
通常はほとんどが心配のいらない症状ですが、病気が原因で起こることもあります。丸い残像という症状は、中心暗点という中心が見えにくい、暗いなどが原因で起こることもあります。これは、網膜に原因がある場合が多いです。例えば、加齢黄斑変性というものですが、こちらは年配者に多く発症し、二つの型があり萎縮型と滲出型に分かれていて、萎縮型のほうはゆっくり進行しますので定期的に検査をしながら様子をみますが、滲出型は進行性で血管を新生したりして黄斑機能に影響を及ぼすため、レーザーや薬物などを使って治療していきます。同じような症状ですが、中心性漿液性網脈絡膜症と言って、やはり中心に丸い残像があって、見えにくかったり、物が歪んで見えたりするものもあります。こちらは自然に治る場合もありますが、やはり一度は眼科を受診してみましょう。

 

目に丸い残像が見えるというのは、ほとんどの場合一過性のもので、心配いらないものですが、まれに病気の症状となって現れることもあります。目は変わりが利かないものです。長引くようなら、原因を調べるためにも、一度は眼科で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク