MENU

まばたきをしても消えない黒点が見える病気

スポンサーリンク

まばたきをしても消えない黒点が見えることがありませんか?それは病気の可能性が高いです。黒点が見える病気の原因を見ていきましょう。

 

【黒点が見える】
視界に黒点見えるようになり、まばたきをしても消えず、視界に随時に何かが焼き付いて離れないといった場合は、何らかの目の疾患なのでしょうか。

 

視界に黒点のようなものが散らつく場合、飛蚊症という可能性があります。黒点だけでなく、蚊が飛んでいるように見えたり、糸やカエルの卵がつながった物体のように映ることもあります。まばたきをしても消えず、見えるのです。白い壁を見たとき、症状に気付くことが多いようです。こういったことが起こる飛蚊症は、老化をはじめとする生理的な現象に由来する場合と、眼の病気が引き金となるものとに分けられます。

 

スポンサーリンク

【飛蚊症】
ほとんどの飛蚊症は、老化やストレスといった生理的なものが原因で、病気とはされていません。そのため、まばたきしても見える黒点を無くす方法は特になく、黒点に慣れていくしかありません。

 

生理的な飛蚊症の多くは、目の老化によって透明な硝子体が濁ることによるものです。まぶたよりも内側が原因となっているので、まばたきしても消えることはありません。老化が進むと、硝子体が収縮することによって、網膜から剥がれてしまいます。こういった状態を後部硝子体剥離と言います。硝子体が網膜から剥がれる際に、網膜の表面を覆う毛細血管が破れることによって出血を起こし、飛蚊症があらわれます。多くの場合この出血は自然吸収されます。しかし、合併症の有無について、診察が必要です。

 

一方、飛蚊症の中には、眼の病気の初期症状の場合もあります。病気の場合は、ひどくならないうちに治療を行う必要があります。

 

飛蚊症の原因が病的なものだった場合に一番多いのが網膜剥離です。網膜剥離は、眼球の内側の部分にある網膜が剥がれることによって、視力が落ちる疾病で、放置してしまうと失明に至る危険がある恐ろしい疾病です。この網膜剥離の前兆として、飛蚊症が現れることがあります。徐々に、まばたきしても消えることのない黒点が広がっていきます。

 

網膜剥離以外にも、飛蚊症を発症する眼病があります。網膜裂孔や硝子体出血等です。いずれも網膜剥離になる可能性があるので注意が必要です。

 

まばたきしても見える病気のほか、暗くしているのに光が映ったり、突然視力が落ちたり、かすみ目などの症状があらわれたら、初期の段階の飛蚊症があらわれていることが考えられます。症状を自覚したら、早めに眼科を受診しましょう。

スポンサーリンク