MENU

突然視界に雷のような光が見える症状の目の病気

スポンサーリンク

目の病気で、突然視界に雷のような光が走る症状が出ることがあります。どんな病気なのか調べてみましょう。

 

【雷のような光が走る症状】
暗がりにいて、突然稲妻や雷みたいな光が目にうつったり、まぶたを閉じていても光のようなものが映る等という状況経験されたことがありませんか?これは、光視症という目の疾患のひとつです。まるで稲妻のような光が映る光視症が起こる原因や症状、治療方法ついてご説明いたします。

 

光がないのに光が走ったように見える光視症ですが、人により見え方、症状の言い方はさまざまです。「突然雷のような光が見える」、「目がチカチカする」、「顔を向けたり、視線を動した際に、視界の端に一瞬だけ光が走るように映る」等が起こります。

 

正常な状態では、眼球の内側にある硝子体は、ゼリーのように網膜に付着していますが、加齢などの原因によって、硝子体は少しずつ液状となっていき、網膜かにつかずに剥がれていきます。これを後部硝子体剥離といいます。この後部硝子体剥離の過程で硝子体が網膜を引っ張ると、その刺激を光として感知し、突然雷のような光が走ったように見えるのです。

 

スポンサーリンク

【目に雷のような光を受ける光視症の原因】
突然雷のような光が走る光視症の原因としては、大きく二つあげられます。

 

第一は、後部硝子体剥離という病気です。後部硝子体剥離は加齢が原因で起こるため防ぎようがありません。元はくっついていた硝子体と網膜が剥がれることそのものは、疾患ではないので特段問題はありません。硝子体と網膜がすべて離れた状態では、症状も治まり、あまり気にならないようになります。しかしながら、網膜が引っ張られた場合には、出血が起こったり、網膜に穴が開いたような状態が起こったりして、そこから網膜剥離という病気へと移行するケースがあるため注意が必要です。

 

第二は、閃輝性暗点という病気です。閃輝性暗点は突然まるで光が走ったように見えたり、稲妻のような光が見え、場合によっては視野の一部が欠けたように見えてしまうケースもあります。この病気の症状は数十分ほどで治まりますが、頭痛が発生する場合もあり、脳の血管が一時的に閉塞することでおこる片頭痛の前兆現象といわれています。昼間など、そして両目どちらにも症状があらわれ、その後に頭痛を感じる等の症状が起これば、光視症よりも、閃輝性暗点が考えられるでしょう。

 

目の病気で、突然視界に雷のような光が走る症状が出た場合、網膜剥離につながる可能性もあるので、早めに医師の診察を受けてください。

スポンサーリンク