MENU

左目の視界に黒い残像がある症状が出る病気とは

スポンサーリンク

左目の視界に黒い残像があるように見える症状が出た場合、どんな病気が考えられるかを見てみます。

 

【左目の視界に黒い残像がある原因】
突然、目の前に黒い残像があるようなことはありませんか。また、左目・右目で蚊が飛んでいるように見えたり、目の中に糸が入ってしまっているように見えたりするケースも少なくありません。これらは、飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれる症状の可能性が高いです。日常生活ではなかなか気付くことが少ない症状ですが、家の壁を見たときに気付いたという人もいると言います。

 

飛蚊症は視界に黒い残像がある場合や、蚊のようなものが浮かび、視線を違うところにやってもついてくるといった自覚症状が出ます。通常、片目に発症します。たとえば、左目で発症した場合は、左目のみに黒い残像があるので、左目をつぶると見えなくなります。見える形などは人によって違ってきて、糸くずであったり、黒い残像があるように見えるという場合もあります。こういった症状が自覚できる飛蚊症は、老化といった要因と、眼の病気などが原因で起こる場合とに分けられます。

 

老化、あるいはストレスといった生理的な原因の場合は、病気とはみなされていません。ただし、合併症の心配はあるので、医師の診察を受けてください。

 

眼の病気による飛蚊症については、以降で見てみましょう。

スポンサーリンク

【飛蚊症と病気】
飛蚊症の中には、眼病の初期症状の場合もあります。疾患の場合には、ひどくならないように治療を行うことが必要です。飛蚊症の要因が病的なものであった場合には、もっとも多くみられるのが、網膜剥離が起こることです。網膜剥離は、眼球の中にある網膜がはがれることによって視力が落ちる疾患で、放置すると失明する危険がある恐ろしい病気です。網膜が剥離する前兆として、飛蚊症が現れることがあります。

 

ほかにも、網膜裂孔というのがあります。これは網膜と硝子体がくっついてしまい、引っ張られた網膜に穴があいてしまった状態のことを指します。それにより、視力低下といったさまざまな症状があらわれます。

 

また、硝子体出血は、いろいろな原因で、網膜血管から出血した血が硝子体の中に溜まってしまっている状態です。硝子体内に溜まった血により光が遮断され、飛蚊症や視力低下などの症状を引き起こします。

 

左目の視界に黒い残像があると驚いてしまいます。そんな症状が出る病気になってしまった場合、なるべく早く医師の診察を受けてください。

スポンサーリンク