MENU

ブドウ球菌感染症の原因と症状、治療方法について

スポンサーリンク

いわゆるブドウ球菌感染症とは、様々な種類の感染症を包含しています。その症状には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。また、原因ごとの治療法とは、どのようなものなのでしょうか。

 

【細菌は進化し続ける】
菌やウイルスは昔から現代に至るまで変化(進化)をし続けており、昔は特定の薬やワクチンで予防・治療ができていたものの、それらに細菌やウイルス自体が耐性を付け、昔は効いていた薬が効かなくなっています。耐性のある物質は厄介で、症状が重症化することもあります。さて、いわゆる『ブドウ球菌』という細菌が原因となる病気があります。それが、『ブドウ球菌感染症』です。ブドウ球菌感染症とは、一体どのような病気のことを指すのでしょうか。

 

【ブドウ球菌感染症とは】
ブドウ球菌感染症の原因、その名の通りブドウの房のような形をしていることから命名されたブドウ球菌は、食中毒や各種皮膚病の原因となります。十分に加工されていない肉を食べると、ブドウ球菌を含む『エンテロトキシン』を体内に取り入れることになり、それがいわゆる食中毒の原因になります。ブドウ球菌が原因となる食中毒の代表的な症状としては、嘔吐、下痢、発熱などがあり、すぐさま治療が必要な場合もあります。

スポンサーリンク

【ブドウ球菌感染症の治療方法とは】
その他皮膚から発生する「とびひ」などもこれに含まれますが、食中毒の場合、集団で感染する危険性があるのが恐ろしいところです。特にレストランなどで発生した場合、集団感染することもあります。治療においては下痢を止めるのではなく、身体から毒素を排出させるためにも敢えて下痢を止めない方が良い、とされています。適宜状況に合わせて、抗生物質や整腸剤などが用いられます。治療のために入院が必要になる場合もあります。

 

【誰にでも起こり得るもの】
食中毒の恐ろしいところは誰にでも起こりうるもの、という点です。私達が食事を行う際加工が必要なものがあれば十分に加工することなども最低限の予防法として挙げられますが、特に症状がひどい場合、症状を放置するのではなくすぐに検査を受けることが挙げられます。

 

主に食べるものが原因となる、下痢や嘔吐などの症状を伴う食中毒などの病気が含まれるブドウ球菌感染症は、その症状によってはすぐに治療が必要な場合があります。治療を怠ると最悪命の危険が伴うこともあるので、油断はできません。

スポンサーリンク