MENU

眼球にできものができる、充血する症状の原因とは?

スポンサーリンク

眼球にできものができたり、充血したりしたことがありませんか?ここでは、そんな症状の原因を探っていきます。

 

【できもの、充血の原因】
眼球が充血し、できものができてしまうという症状の原因として、翼状片(よくじょうへん)や瞼裂班(けんれつはん)等があげられます。

 

翼状片とは、白目が黒目の上にかぶさってしまう病気です。伸びた白目が翼のように見えるため、翼状片と呼ばれています。できものができたようにも見えます。

 

症状が小さいうちは気づきにくいですが、大きくなってくると眼球の充血、角膜の変形や濁りの原因となります。異物感を感じることもあるようです。

 

紫外線、ほこりや逆さまつ毛等による眼球への刺激が原因とされています。放置してもあまり問題はないのですが、症状がひどくなった場合は、点眼薬等で治療します。

 

瞼裂班は、白目の一部が透明、もしくは黄色っぽく盛り上がり、眼球が充血します。これも、紫外線やコンタクトレンズの刺激が原因と言われています。この場合の充血は完治しませんが、巨大化して黒目に侵入してこなければ特に治療は不要です。

スポンサーリンク

【その他の原因】
眼球の充血、できもののほとんどは、翼状片、瞼裂班が原因ですが、他にもいくつか考えられます。

 

結膜浮腫は、白目がブヨブヨと腫れ、ゼリー状になってしまう疾患です。黒目のまわり全体が腫れて、まぶたを閉じても、腫れた白目がはみ出てしまうほど腫れる症状が出ます。

 

結膜嚢腫は、結膜の下に小さな袋ができ、そこに眼球の液がたまって、風船のようにふくらむ疾患です。目の一部分がはれあがり、ゼリー状のできものとなる症状が出ます。

 

他にも、稀ですが細菌性結膜炎、緑内障や結膜充血である場合があります。また、淋菌性結膜炎、急性閉塞隅角緑内障、春季カタル、角膜ヘルペスや急性出血性結膜炎のサインである可能性もあります。

 

眼球にできものができてしまったり、あるいは充血したりする症状が出るとびっくりしてしまいますよね。場合によっては失明の危険もあるので、医師の診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク