MENU

疲れると緑に見える理由と原因。

スポンサーリンク

目が疲れると緑に見えることがありませんか。ここでは、理由・原因を探っていきます。

 

【目の異変】
極度の睡眠不足に陥ったとき等に「黒色」が「深緑色」に見えるという現象をよく聞きます。新聞や本を読んでいると、黒い文字が緑っぽく見えるような感じがある、そんな時は目に異常が起こっているのではないかと不安になります。

 

もしかしたら緑内障という病気にかかってしまったのではないか。緑内障とは目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経の障害が起こり視野が狭くなる病気です。症状が悪化すると、最悪の場合、失明する可能性があり注意が必要な病気です。しかし、これは病名に「緑」という文字が使用されているだけであり、視界が緑色になるといった理由や原因なわけではありません。

 

以降では、疲れると緑に見える理由・原因を解説します。

スポンサーリンク

【疲れると緑に見える理由・原因】
私達人間の目で見える波長の光は、RGB(赤・緑・青)の3色になります。人間の目は、これらの光の情報を受け取り、色として感じます。しかし全ての色を均等に感じるということはありません。特に目が疲れていたり睡眠不足が続くと光の情報が受け取りにくくなり通常とは違う波長を受け取ります。これが、疲れると緑に見える理由です。

 

黒い文字などが疲れると緑に見えるようになる原因としては、疲れ目や睡眠不足が考えられます。

 

黒色が疲れると緑に見える理由は、青と赤の光の波長の受け取りが弱まり緑色の感度が強くなることです。人間の目は複数の種類の光を受け、それぞれを感じることによってものを見ることができますが、疲労がピークに達しすると物を見る能力が低下し、特定の色の光だけを見るようになります。睡眠不足によって,脳活動が部分的に休止状態に陥るということが知られており,それによって,脳機能が低下するということが明らかになっているそうです。そしてその光が緑色というのが原因で、疲れていると視界が緑色になりやすくなるわけです。

 

疲れると緑に見えるようになってしまったら、なるべくちゃんと体を休め十分な休息を取る事が大切です。

 

ここまで述べた理由・原因によって、黒い色が緑っぽく見えることがあります。その場合は、身体の危険信号と受け取り注意が必要です。睡眠不足や疲れが溜まった状態でいると、物事もスムーズにいかなくなるものです。一度はしっかりと睡眠を取り体を休める事が大切です。

スポンサーリンク