MENU

ギザギザしたものが見えるという症状と原因

スポンサーリンク

突然、視野にギザギザしたものが見えることがありませんか?ここでは、その症状と原因を探っていきます。

 

【ギザギザしたものが見えるという症状】
閃輝暗点、または閃輝性暗点と言う症状があります。突然、視野の真中あたりに太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラした点が現れ、みるみるうちに点は拡大され、目の中にギザギザしたものが見えるのです。壊れた鏡の集まりのような、カラフルで不思議な光が半月状または三日月状に拡がり、視界の大部分が見えなくなります。

 

目をつぶってもギザギザしたものが見える状態が続き、5分から40分ぐらい広がり、やがて視界の外に消えていきます。片頭痛の前兆ともいわれ、閃輝暗点が収まった後、片頭痛がよく起こるといわれています。この後、頭が割れてしまいそうな激しい片頭痛が3〜4時間続き、強烈な吐き気・嘔吐などを伴うことが多いです。

 

生活に支障をきたしてしまうレベルの症状であるにも関わらず、一過性なので軽く扱われてきた経緯があります。これらの症状は若年の場合、年齢と共に回数も減りそのうちにほとんど起こらなくなります。

 

スポンサーリンク

【ギザギザしたものが見える原因】
中年の場合で、ギザギザしたものが見える状態だけあって、その後に頭痛を伴わない場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や血栓による一過性の脳循環障害等が原因である可能性があります。

 

その他の原因としては、眼球の異常ではなく、ストレスが溜まり、休日のホッとしたときにギザギザしたものが見える状態になることがあります。頭の血管が何らかの原因で収縮し、そのあと異常に拡張すると血管壁に浮腫を起こすためとも言われています。

 

閃輝暗点と言う前兆があっても片頭痛に繋がらない人もいます。血管が拡張しすぎずに元の状態に戻って血流が正常化するだけであれば片頭痛は起りません。人によってはチョコレートやワインが原因となって症状が現れやすいこともあるようです。

 

スマホやパソコン操作などの紫外線やブルーライト、動きの激しい映像などが原因となっているのではないかと考えがちですが閃輝暗点は目の病気ではありませんので、今のところ影響は少ないのではないかと考えられています。

 

中性脂肪の多い人や中年層の場合、脳梗塞等を原因として現れる場合もあるため油断できない症状です。頻繁に症状が現れたり脳梗塞等の心配がある場合は、眼科や脳神経外科で検査をすることが安心につながります。

スポンサーリンク