MENU

光の残像が残る目の病気は

スポンサーリンク

光の残像が残るという症状は、日常生活を普通に過ごしている人にはあまり馴染みのない症状だと思いますが、最近ではそんな光の残像が残るという症状を訴える人が増えてきています。目の病気と判断する人が多いと思いますが、何故その様な症状が起きてしまうのでしょうか?

 

光の残像が残るという症状は、誰にでも起こりうる可能性がある症状であり、最近ではパソコンやスマホなどの光を長時間見続けてしまうことにより、目が疲れてしまい発生するという可能性があります。長時間パソコンやスマホの光を見続けてしまうと、それが脳内では記録されているので、見る事を止めても光の残像が残るといった症状が起きてしまいます。目の病気ではなく、疲れが原因なので光の残像が残る事が増えてきてしまったら、パソコンやスマホを見る事を止め、目を休ませることによりこの症状は改善していきます。しかし、この症状が常に起きてしまうのでしたら、念のために眼科に行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

光の残像が残る症状は、ほとんどの場合が目の病気ではなく疲れが原因で起こりますが、病気の場合も当然あります。その病気は緑内障です。緑内障という言葉をあまり聞いたことがないと思う人もいるかもしれませんが、緑内障は目の病気の中ではとても危険な病気の一つであり、緑内障になってしまいそのまま放置してしまうと確実に失明してしまう大変恐ろしい病気です。特に光の残像が残るという状態で緑内障と診断されてしまった場合は、急性緑内障の可能性が極めて高く、早期の治療が自分の失明を防ぐことになります。

 

目が疲れてしまうと様々な症状を引き起こしてしまいますが、近年ではパソコンやスマホを使う機会がどうしても増えてしまい光の残像が残るなどの症状は増加傾向にあります。それですめばいいのですが、緑内障という恐ろしい病気の可能性も否定することはできませんので、自分の目に何か異変を感じたなら、早めに眼科に行き、医師の診断を受けましょう。

スポンサーリンク