MENU

眼底検査によって白斑と診断されたら?

スポンサーリンク

眼底検査によって診断がつけられる疾患はいくつかありますが、その中でも眼底白斑は比較的ポピュラーな疾患と言うことができます。眼底検査の意義と白斑の診断基準まで、目の病気についての基礎知識をまとめました。

 

【なぜ眼底検査で白斑が診断できるのか】

 

眼底は体の部位で唯一、外部から血管の様子が観察できる貴重な器官だと言われています。そのため、眼底検査では白斑などの眼病以外にもさまざまな種類の異常を見つけることができ、病気の早期発見および早期治療に役立っていると評価されています。眼底白斑とは網膜周辺に白く細かい斑点のようなものが見られる疾患です。初期の段階ではほとんど無症状であることも多いのですが、進行するにつれて視野がせまくなり、白内障を併発して失明することもあります。治療の基本は薬物療法であり、循環改善薬などを投与することによって大部分の症例で治癒が期待できます。

スポンサーリンク

【眼底検査で診断できる疾患】

 

白斑以外にも、眼底検査によって診断できる疾患は数多く存在します。その代表として挙げられるのが「糖尿病性網膜症」で、眼底検査によって発見される確率が高い疾患でもあります。進行した糖尿病によって眼底を走る血管がもろくなり、その結果として内部の血液が網膜にまで浸潤して視野狭窄を引き起こす病気です。眼底検査によっても容易に診断されますが、反対に糖尿病と診断された段階で眼圧の測定をすすめられる場合があります。初期のうちに発見すればそれだけ失明のリスクも少なくなるため、検査で診断がついたとしても気を落とさないようにしましょう。

 

眼底検査によって診断がつくポピュラーな疾患としては、眼底白斑や糖尿病性網膜症があります。いずれにしても進行すると失明につながりかねない恐ろしい病気ですが、初期段階で発見し適切な治療を続ければ症状を抑えることができるため、腰を据えて治療に取り組みましょう。糖尿病性網膜症の場合は視野狭窄そのものではなく、糖尿病の症状改善にむけたアプローチが優先される場合があります。

スポンサーリンク