MENU

黒が緑に見える症状の原因と考えられる病気とは

スポンサーリンク

みなさんは黒が緑に見えることはあるでしょうか。いわゆる色覚異常の症状とは違うようですが、健常者にもたまに起こりえます。あるとしたら、その症状は病気なのでしょうか。漠然とした不安を感じるものですが、なぜ黒が緑に見えるか、その原因について調べてみました。

 

【黒が緑に見えるのは色覚異常などの症状が原因か】
みなさんは、色覚異常と言う症状をご存知でしょうか。この病気は、先天的なものと後天的なものがあり、先天的なものの原因としては、色を識別する眼の細胞の機能が低下していたり、欠損していることです。この場合は有効な治療はできないのですが、後天的なものに関しては、眼の病気から現れる症状の一つですので、この場合は、原因となっている病気を治療すれば改善することもあります。色覚異常の場合の区別しにくい色として、赤と緑、オレンジと黄緑などがありますが、緑と灰色と黒というのもあります。何らかの眼の病気が原因で発症する色覚異常もあることを考えれば、そういう意味では、この黒が緑に見えるという症状が該当する可能性があります。さらに、色の見え方は人それぞれに違いがあるので、その時々の条件によっても色の見え方が違っています。狭い場所の色を特定する場合や暗い場所、一瞬しか見えなかった場合、疲れていた場合など、心身の状態や周りの環境によっても、いろいろな原因が重なり、さまざまな見え方になります。

スポンサーリンク

【色を識別する眼の細胞】
色は、赤、緑、青の三原色で成り立っていますが、眼の細胞も同じように三つの細胞がそれぞれを強く識別して、色の区別をしています。極度のストレスや睡眠不足など、生活習慣の乱れが原因で眼の疲れを感じた場合、それらのどれかの細胞にも影響することがあります。黒が緑に見えるというのは、このうちの緑に敏感な細胞に影響を及ぼしていて、赤と青の細胞の機能が低くなっている可能性があります。疲労というものは、身体の至るところにストレスとなって刺激しているようです。その結果、思わぬ病気を呼び込む可能性もあります。黒が緑に見えるようになったら、睡眠不足やストレスのサインだと認識して、休息をとるよう心がけましょう。

 

黒が緑に見えるというその症状は、睡眠不足やストレスなど、疲労が蓄積しているという体のサインだと考えて、早めに休息をとるなど対応しましょう。なお、あまりにも頻繁に起こるようなら、何らかの病気の一つの症状かもしれませんので、一度眼科での受診をお勧めします。

スポンサーリンク