MENU

眼の病気 種類 症状 原因 病院 治療方法

スポンサーリンク

目には、様々な病気が起こります。
あまり影響がない一時的な病気から、長期的な病気、失明につながるものなど多く存在します。
数多く存在する目の病気を理解することで、自分自身がどのような病気なのか検討をつけることが出来ます。
また、家庭で出来る対処方法もありますので、ある程度の知識を持っている方がよろしいかとおもいます。
私自身も目の病気をいくつか経験したことがあります。
その都度、いろいろと聞いたり読んだり、見たりと様々試行錯誤をしました。

 

さて、まずは目にはどのような病気があるのでしょうか?

病名と簡単な症状について記載をしてきたいと思います。
・充血
目が赤くなる
・白内障
目のかすみ、光がまぶしく感じる、視力の低下、メガネが合わなくなる。
・緑内障
視野の一部が見えなくなる、視野が狭くなる、視力が低下する
・加齢黄斑変性症
物体や景色が歪んで見える
・目の痙攣
目の周囲の筋肉が震える
・ドライアイ
目が乾く、目が疲れる、、充血、痛み、痙攣、涙が出る、光りがまぶしい
・眼精疲労
目の疲れ、目が乾く、視力低下、充血、肩こり、目の痙攣、霞、頭痛、吐き気、食欲不振
・老眼

近くのものが見えにくくなる(遠くは見ることが出来る)
目の疲れ、かすみ、頭痛
・目のかすみ
ものが見えづらい、ぼやける

スポンサーリンク

・翼状片
充血、異物感、ドライアイ、眼精疲労
・近視、遠視、乱視
視力低下の事で遠くが見づらくなる
・飛蚊症
視野の中に黒い斑点が出てまるで蚊が飛んでいる状態になる。
・結膜炎(アレルギー結膜炎)
目の充血や目やにが出ます。
アレルギーなどの症状から起こることがあり、膜が浮いてきてしまうことがあります。
・網膜剥離
網膜がはがれてしまい、視野の一部が欠けてしまう病気です。
・ものもらい
菌が傷ついた瞼に入り込むことで発症します。
目をこすったりる動作から感染することが多いです。
瞼が腫れ、視野が狭くなります。
・はやり目

感染力が強いアデノウイルスが原因で起こる結膜炎です。

目の病気の予防対策はあるの?

目の病気の予防と言っても基本的には、目の病気自体が多く存在しているので、一概にどれがいいのかという事は言いにくいのが本音です。
しかしながら、共通点としては、目の栄養になる食べ物を食べる。
栄養素として
「ルテイン、アントシアニン、オメガ3脂肪酸、ビタミンC、ビタミンEなど」があります。
また、紫外線を浴びると視力の低下につながることがあり、すぐに影響がなくとも歳を重ねることで、目の病気になることがあります。
日ごろからサングラスなどを着用する習慣があると好ましいです。
治療に関しては、点眼薬が中心の治療が主になり、白内障などですと、手術を行い、度数を合わせたレンズを目の中に入れるという治療を行います。

 

このように様々ある病気ではありますが、それぞれに特徴などがあるかと思いますので、すこしでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク